このサイトについて

厚生労働省の統計を見たところ、日本人の死因のトップはがんで、3人に1人はがんで亡くなっています。つまり、がんは誰にでもなりうる病気であるのです。

がんは身体のあちこちに発生し、さまざまなタイプのものがありますが、がん特有の初期症状には出血と腫瘍が挙げられます。

がん細胞が増殖するにはたくさんの酸素と栄養素が必要になるため、新生血管がたくさん作られ、そこから血液を取り込んでいきます。この新生血管は通常の血管に比べて弱くなっており、ちょっとした刺激を受けるだけで出血しやすくなっており、血便が出たり、たんに血が混ざったり、喀血や下血を起こします。

そして、がん細胞が増殖すると、腫瘍となります。皮膚の下に腫瘍が出来ると、手で触っただけでもわかります。腫瘍が臓器などに出来てしまうと、通過障害を起こし、消化活動がスムーズに行われなくなり、尿や便の流れが妨げられます。

腫瘍には良性のものと悪性のものがあり、がんとは悪性の腫瘍を指します。
悪性腫瘍は増殖していき、他の臓器に転移するなどという特徴を持っています。胃の粘膜にがん細胞ができると、やがては増殖していき、胃壁を突き破り、周囲の組織に浸潤し、すい臓など他の臓器へと転移します。

↓↓↓ おすすめのがん保険はコチラ!まずは資料請求!! ↓↓↓

ランキング1位
アフラックの【生きるためのがん保険Days】
アフラックの【生きるためのがん保険Days】 手術 放射線 抗がん剤の3つの治療法ががん保険の三大治療と呼ばれています。その治療による通院を日数無制限に設定。
治療の後の生活費や再発など長引く治療へは「ライフサポート年金」と「再発・長期治療給付金」でカバーします。
がんになってしまった事で起こる「治療」と「生活」のふたつの不安にしっかりとした保障を用意したがん保険。現代の医療スタイルに合わせた保障内容だから効率の良い保険料と保障のバランスが取れています。
三大治療保障 日数無制限
治療後サポート ライフサポート年金
口コミ 口コミ4
ランキング2位
東京海上日動あんしん生命の【がん治療支援保険】
東京海上日動あんしん生命の【がん治療支援保険】 がんと診断された場合の給付金の回数は無制限のため、転移や再発の起こりやすいがんの治療にあんしんして備えられます。給付金は上皮内新生物の判断でも減額無く受け取れます。 
入院治療はもちろんの事、通院の場合でも給付金が受け取れます。給付金は1万円~3万円まで必要に応じて選ぶ事ができます。
三大治療保障
治療後サポート ×
口コミ 口コミ4
ランキング3位
三井住友海上あいおい生命の【&LIFE新がん保険α】
三井住友海上あいおい生命の【&LIFE新がん保険α】 ベースの保障はシンプルに。入院と手術の保障に死亡時の保険金をプラス。そこから様々なオプションを選んで付け加えられるがん保険。
オプションの種類は「診断給付金」「室料差額給付金」「先進医療特約」「在宅療養給付金」「死亡保障金」と、きめ細かな特約であらゆるがん治療と万が一の事態に備えられます。
三大治療保障 無制限
治療後サポート 在宅療養給付特約α
口コミ 口コミ3
ランキング4位
チューリッヒ生命の【My終身ガン保険】
チューリッヒ生命の【My終身ガン保険】 一生涯続くがん保険。上皮内新生物の診断でも悪性新生物診断と同額の診断給付金が受けられるため、初期段階のがん治療にも役立ちます。
ただし、上皮内新生物の場合は保険期間で1回のみの支払いとなります。悪性新生物の場合は何度でも受け取れます。
特約オプションとして、「がん以外の病気やケガ」で入院や手術の必要が発生した場合に保障されます。また、死亡されたり高度障害状態になってしまった場合に保険金が支給されるため死亡保障としても確保できます。
三大治療保障
治療後サポート ×
口コミ 口コミ3
 

がん保険が必要な理由

がん保険は、がんになった場合の治療費の保障に特化している保険で、たくさんの方からのニーズが高くなっています。

がんは生活習慣病の一種であると言われており、食生活、喫煙、飲酒などの生活習慣も発症の原因となっており、不規則な生活を長期間続けることで発症率も高くなります。
高齢化が進んでいる日本では、高齢者のがん患者も多くなっています。
しかし、近年の医療技術の進歩により、がんを早期発見できれば、適切な治療により治すことができます。
しかし、がんは再発や転移の可能性もあり、万が一再発や転移が見つかった場合、治療が長引き、治療費の負担、収入減など、患者やその家族には経済的負担が重くのしかかります。
また、最先端の治療には、保険適用外のものも多く、がんを発症した場合、経済的な問題が深刻となってきます。

がん保険は、入院、手術、診断時の給付を基本的な保障とし、通院費用、先進医療などの保障もセットになっている商品です。それぞれの商品ごとに保障は異なりますが、がんの治療に備えるためにもってこいの保険となっています。

がんの治療に備えるためには、その他にも、医療保険に、がんの際の保障を手厚くする特約をつけたり、がんの保障がセットになっている医療保険に加入する方法などがあります。
近年は、通院による治療を行うことも多くなっているため、通院でも手厚い保障が受けられるものを選ぶことをおすすめします。


若いうちからがんに備える

年代に関係なくがんは発症しますが、女性の場合、20代後半からがん患者の数が徐々に多くなり、30代後半から40代半ばの年代で患者数は急激に増え、以降の年代は緩やかに上昇していきます。
一方、男性の場合、40代後半以降にがん患者が急増する傾向にあります。

女性の場合、若い世代でもがんを発症するリスクが高くなっており、男性は40代後半からがんのリスクが高まります。
そして、性別に関係なく、高齢になるにつれてがん発症のリスクが高まってきます。

そのため、若いうちからがん保険の加入を検討することをお勧めします。
近年は、ガンに罹ったことがある方でも加入できる保険商品もありますが、一般のがん保険に比べて保険料は割高になっています。

がん保険は、がんにかかった場合の、診断給付金、入院、手術、通院費用など、治療費に備えるための商品が多いのですが、最近は、がんのために働けなくなることが原因の収入減、失業に備えるがん保険も登場してきています。

従来のがん保険は入院や手術に対する保障を手厚くしていましたが、近年の医学の進歩により、通院治療が多くなっており、入院日数は短縮されてきています。
そのため、これまでのがん保険では十分な保障が受けられないケースが多くなっています。現在、通院治療のみでも手厚い保障が受けられる新型のがん保険も次から次へと販売されています。

 

 

がん保険を徹底比較!~あなたにピッタリのがん保険がわかる~

がん保険契約時にチェックすべきこと

取扱い保険会社
あいおいニッセイ興和損保 アイペット損害保険会社
朝日火災 エイチ・エス損害保険会社
ジェイアイ損害火災 セコム損保
ソニー生命 ソニー損保
そんぽ24 損保ジャパン
東京海上日動 東京海上日動あんしん生命
日本アニマル倶楽部 日本興和損保
日本生命 フコク生命
Aflac
三井住友海上 三井住友海上あいおい生命
American home direct
DIY生命 ManulifeNKSJ
ひまわり生命 Prudential
(50音順)