このサイトについて

最新の関東系によると2013年にがんで死亡した人は364,872例(男性216,975例、女性147,897例)。
国立がん研究センターでは2015年の予想がん罹患者を982,100人としています。
2人に1人がガンに罹患し、家族・親戚を含めればほとんどの人ががんと向き合うことになります。
傷害のがん罹患リスク(全がん)では 男性62% 女性46%ととなり、50歳以降は発症率が大幅に上がることが分かっています。

つまり、がんは誰でもなりうる病気であるのです。

がんは身体のあちこちに発生し、さまざまなタイプのものがありますが、がん特有の初期症状には出血と腫瘍が挙げられます。

がん細胞が増殖するにはたくさんの酸素と栄養素が必要になるため、新生血管がたくさん作られ、そこから血液を取り込んでいきます。この新生血管は通常の血管に比べて弱くなっており、ちょっとした刺激を受けるだけで出血しやすくなっており、血便が出たり、たんに血が混ざったり、喀血や下血を起こします。

そして、がん細胞が増殖すると、腫瘍となります。皮膚の下に腫瘍が出来ると、手で触っただけでもわかります。腫瘍が臓器などに出来てしまうと、通過障害を起こし、消化活動がスムーズに行われなくなり、尿や便の流れが妨げられます。

腫瘍には良性のものと悪性のものがあり、がんとは悪性の腫瘍を指します。
悪性腫瘍は増殖していき、他の臓器に転移するなどという特徴を持っています。胃の粘膜にがん細胞ができると、やがては増殖していき、胃壁を突き破り、周囲の組織に浸潤し、すい臓など他の臓器へと転移します。

↓↓↓ おすすめのがん保険はコチラ!まずは資料請求!! ↓↓↓

がん保険ランキング
チューリッヒ生命の【終身ガン治療保険】
がん保険ランキング 一生涯続くがん保険。上皮内新生物の診断でも悪性新生物診断と同額の診断給付金が受けられるため、初期段階のがん治療にも役立ちます。
ただし、上皮内新生物の場合は保険期間で1回のみの支払いとなります。悪性新生物の場合は何度でも受け取れます。
ご契約いただいた場合メンタルヘルスサービスで電話の健康状態の相談やカウンセラーの診断を受けることができます。
三大治療保障
治療後サポート ×
口コミ
 
オリックス生命の【ガン保険 Believe】
ガン治療給付金以外に初めてがんと診断された場合は、がん初回診断一時金があるので治療費の心配をしないで治療に専念できます。
がんによる入院は支払日数無制限で安心でき、放射線照射や抗がん剤治療のための通院もカバーできます。
退院時にも給付金があるので、その後の治療にも安心して専念できます。
先進医療保障
治療後サポート ×
口コミ


三井住友海上あいおい生命の【&LIFE新医療保険A】
がん保険ランキング ベースの保障はシンプルに。入院と手術の保障。そこから様々なオプションを選んで付け加えられる総合的な医療保険。
オプションの種類は「診断給付金」「室料差額給付金」「先進医療特約」「在宅療養給付金」「死亡保障金」と、きめ細かな特約であらゆるがん治療と万が一の事態に備えられます。
先進医療特約には、技術料のみではなく治療に必要な交通費、宿泊費までカバーできます。
三大治療保障 無制限
治療後サポート 通院治療特約
口コミ 口コミ3


アメリカンホーム保険の【みんなのほすピタる】
がんになったことのある方でも所定の健康条件を満たせば加入できるがん保険。
一時金としてまとまったお金を受け取ることができるので治療に専念することができます。
さらに、「セカンドオピニオン」「心のケア」サポートサービスが無料でお使いいただけます。

三大治療保障 ×
治療後サポート 心ケアサービス
口コミ


アフラックの【生きるためのがん保険Days】
アフラックの【生きるためのがん保険Days】 手術 放射線 抗がん剤の3つの治療法ががん保険の三大治療と呼ばれています。その治療による通院を日数無制限に設定。
治療の後の生活費や再発など長引く治療へは「ライフサポート年金」と「再発・長期治療給付金」でカバーします。
がんになってしまった事で起こる「治療」と「生活」のふたつの不安にしっかりとした保障を用意したがん保険。現代の医療スタイルに合わせた保障内容だから効率の良い保険料と保障のバランスが取れています。
三大治療保障 日数無制限
治療後サポート ライフサポート年金
口コミ
 

がん保険が必要な理由

がん保険は、がんになった場合の治療費の保障に特化している保険で、たくさんの方からのニーズが高くなっています。

がんは生活習慣病の一種であると言われており、食生活、喫煙、飲酒などの生活習慣も発症の原因となっており、不規則な生活を長期間続けることで発症率も高くなります。
高齢化が進んでいる日本では、高齢者のがん患者も多くなっています。
しかし、近年の医療技術の進歩により、がんを早期発見できれば、適切な治療により治すことができます。
早期にがんが発見させても手術や放射線治療により、比較的簡単に治療ができるようになりました。しかし、その後ホルモン治療等にて5年間通院することもあるようです。
治療が長引けば仕事に支障がでることもあり、収入は減るが、治療費が嵩むようになります。

実際にがん体験者でつらかった事の中には「治療費の負担(がん保険に入っていなかった)」「残された家族の事を考えた時に残せる物がなくなる」などの声がありました。
医療保険に加入しなくても「高額医療費制度」があるから大丈夫と言われる方もいらっしゃいますが、例えば年間20万円の医療費を支払った場合、自己負担額は8.5万円程度が必要となります。
これには差額ベッド代」「食事療法費」「先進医療の費用」は含まれていません。保険診療の費用のみが対象となります。
また、申請後も支払いまでは数か月が必要となります。


がん保険は、そういったリスクを少しでも軽減させることのできる保険です。
最近では、通院による治療を行うことも多くなっているため、通院でも手厚い保障が受けられるものを選ぶことをおすすめします。


若いうちからがんに備える

年代に関係なくがんは発症しますが、女性の場合、20代後半からがん患者の数が徐々に多くなり、30代後半から40代半ばの年代で患者数は急激に増え、以降の年代は緩やかに上昇していきます。
一方、男性の場合、40代後半以降にがん患者が急増する傾向にあります。

女性の場合、若い世代でもがんを発症するリスクが高くなっており、男性は40代後半からがんのリスクが高まります。
そして、性別に関係なく、高齢になるにつれてがん発症のリスクが高まってきます。

そのため、若いうちからがん保険の加入を検討することをお勧めします。
近年は、ガンに罹ったことがある方でも加入できる保険商品もありますが、一般のがん保険に比べて保険料は割高になっています。

がん保険は、がんに罹患した場合の、診断給付金、入院、手術、通院費用など、治療費に備えるための商品が多いのですが、最近は、がんのために働けなくなることが原因の収入減、失業に備えるがん保険も登場してきています。

従来のがん保険は、入院や手術に対する保障を手厚くしていましたが、近年の医学の進歩により、通院治療が多くなっており、入院日数は短縮されてきています。
そのため、これまでのがん保険では十分な保障が受けられないケースが多くなっています。
現在、通院治療のみでも手厚い保障が受けられるがん保険も次から次へと販売されています。

 

 

がん保険を徹底比較!~あなたにピッタリのがん保険がわかる~

がん保険契約時にチェックすべきこと

取扱い保険会社
あいおいニッセイ興和損保 アイペット損害保険会社
朝日火災 エイチ・エス損害保険会社
ジェイアイ損害火災 セコム損保
ソニー生命 ソニー損保
そんぽ24 損保ジャパン日本興亜
東京海上日動 東京海上日動あんしん生命
日本アニマル倶楽部 ガーデン少額短期
日本生命 フコク生命
Aflac
三井住友海上 三井住友海上あいおい生命
American home direct
DIY生命 ManulifeNKSJ
ひまわり生命 Prudential
(50音順)